藍の書とレムリアンシードクリスタル

こんにちは!しろくまです。

カルマさんの動画でどなたかが、辻麻里子さんの『22を超えてゆけ』という本を紹介してくださり、辻麻里子さんという方を知りました。

ネットで見たときはちょうど『22を超えてゆけ』が品切れになっていたので、辻麻里子さんが書かれた『藍(あお)の書』という本から読み始めました。

もうすごい内容でした。

その中で付録として、スターゲートの香りと石について書かれたものがあり、それによってなかなか面白い現象が起きたので書き記しておきます。

藍(あお)の書とは

辻麻里子さんの夢とビジョンから創られた、ユングの『赤の書』と対になるものとして書かれた『藍(あお)の書』。

辻さん自身も私なんかが何故?と何度も断ろうとしたようですが、『青の書』(のちに『藍の書』となった)は辻さんの魂の仕事だったようで、導かれるようにして書くことになっていったようです。

それについても宇宙存在とのやり取りなど、詳しく書かれていて面白いです。

ちなみに、『藍の書』は辻さんの未完の遺作です。でも大筋は書かれたのだと思います。2019年3月に出版されたものです。意外と最近なんですよね!すごい。

体験記のような旅行記のような、はたまたファンタジーのような感じで、個人的にはとても面白く読み進められました。でも辻さんが全て実際に体験し、感じたことなのだと思います。

ユングの『赤の書』はまだ読んでいないので、時が来たら読もうと思います。この『赤の書』と『藍(あお)の書』を読んで、ひとりひとりが『紫(マゼンタ)の書』を精製するというところまでが完成形のようです。

この箇所を読んだときに、カルマさんのYou Tubeの瞑想動画で「サンセットのピンクライト」というワードが出てきたことがあり、これが思い浮かびました。これはマゼンタのことでは?と。

マゼンタという色はある種、Key、鍵になっているのかもしれませんね。

スターゲートの香りと石

1月〜12月までの誕生月に対応した香りと石が『藍の書』の付録に書いてあります。

私は1月生まれなので、何かな〜と見てみると、石の項目にレムリアンシードクリスタルとの文字が。

最近レムリアの情報がいっぱい入ってくるのでなんだかタイムリーだな!と思い、そのレムリアだよな〜どんなクリスタルなんだろ?と調べてみました。

そしてレムリアシードクリスタルを販売しているサイトがあり、へーすごいこんな石なんだと見ていたら、ひとつのレムリアンシードクリスタルを見つけたときに、ものすごい頭がグワングワンして目がまわる感じになり、これを買えって感じでメッセージが来ました。多分ハイヤーセルフからのメッセージだと思います。

他のレムリアンシードクリスタルは必要かハイヤーセルフに聞いたら、それだけでいいとのことだったので、そのグワングワンなったレムリアンシードクリスタルを購入しました。

こんなことってあるのかと思いました。笑

しかも、レムリアンシードクリスタルって、棒状(?)のクリスタルにバーコードみたいな線が入っていて、このバーコードによってクリスタルに情報を入れているとかなんとか。

またまたカルマさんの動画で、宇宙船に乗ったときにバーコードみたいなものがバババババーっと多重的に重なって見えたみたいな話があったのを思い出しました。

バーコードっていうのは、宇宙的な情報を記録できるものだったのかな?

※ちなみに上の画像のクリスタルはレムリアンシードクリスタルではないです。フリー素材のきれいな写真様です。笑

マゼンタ色のクッション

レムリアンシードクリスタルを置いておく布みたいなものが欲しいなと思い、どうせなら麻(リネン)の布でマゼンタ色のものがいいな〜と探していたら、なんとめちゃくちゃ良いのあったんですよ!

https://cocofa.buyshop.jp/items/28894938

↑これです!

マゼンタ色の麻布で、なんと塩の枕になってるんです!

マゼンタ色、麻布、塩(浄化作用)、クッション性ありと全てがパーフェクト!!!!

すごいよね!!もう運命だと、ハイヤーセルフ達が導いてくれたんだ!!と思いました。笑

速攻買いました。笑

さいごに

まだ注文したレムリアンシードクリスタルは届いてないのですが、届いたら一体どうなってしまうのか楽しみです笑。

世の中知らないもの、知らないことばかりでワクワクです!

まぁ高次元の自分は知っているんだろうけど笑。

しかし、マーリンが作っていた石と植物と水で作るものって、フラワーエッセンスの作り方と同じなのかなぁ?本書の中でも辻さんが作ってらっしゃるのですが、詳しくは書いてなく、なんとなくって感じでした。

気になるな。なんとか知りたい!笑