【育児生活】BRIOのビルダーアクティビティセットで遊んでみたレビュー!!室内遊びに最適!!

こんにちは!しろくまです。

子供の誕生日プレゼントに BRIO (ブリオ) ビルダー アクティビティセット を買って遊んでみました!

箱を見た瞬間からもう物凄く食いついていて、はやく開けて~と大騒ぎでした。笑

遊んでみると大人でも結構ハマっちゃうくらい色々なものが作れるので、お子さんに色々作ってあげるのも楽しいですよ^^

新型コロナで自宅にいる方も多いと思いますので、ぜひBRIOのビルダー室内遊びをエンジョイしちゃいましょう!!

BRIO(ブリオ)のビルダーアクティビティセットで何ができるか

BRIOはスウェーデンの木のおもちゃ会社で、ビルダーはBRIOが作っている組み立て式おもちゃのシリーズ名です。

BRIOのHPによると2020年4月現在では、ビルダースターターセット、ビルダーコンストラクションセット、ビルダーアクティビティセット、ビルダークリエイティブセット、ビルダーモーターセット、ビルダーレコード&プレイセットの6種類が販売されているようです。

アクティビティセットに付いてくるパーツ

ビルダーでは何種類か販売されていて、おもちゃのパーツの種類や数が違っています。今回購入したアクティビティセットでは、ダンプカーのショベル部分がついていたり、クレーンが作れるようなパーツがついていたりする210ピース入りのものです。

タイヤも大が4個、小が4個、自転車用みたいな細いタイプが2個と豊富なので、車が好きな子にはもってこいだと思います!

道具も付いている

ハンマーマイナスドライバースパナ(レンチ)ペンチといった道具も入っていて、試行錯誤しながら色々作れるので面白いです。

うちの子供は、初めはハンマーくらいしか道具が使えなかったのですが、少しずつ練習して今はペンチも使いこなせるようになりました。手先の練習にもなっている感じなので、遊ぶだけじゃないところがまた良いと思います。

ビルダーアクティビティセットで作ってみた作品!!

子供はまだ道具を使って遊ぶのがやっとなので、以下の作品は大人が試しに作ったものです。

作品その1

じゃーん!補助輪付きの自転車です!!

なんで補助輪を付けたかというと、2輪だけでは自立しなくて子供が走らせづらそうだったので改良したからです。笑

上から見るとこんな感じです。

子供が結構な勢いで走らせるので、補助輪がイカれてしまいますが、ご愛嬌です。(補助輪付けた意味!!)

作品その2

やっぱりブルドーザーのショベルの部品があるので、作ってみました!!

黄色の小さいタイヤは子供がここに付けろって言ったので付けてみました。こんなとこにくっつくかな~とちょっと無理やりはめこんだのですが、赤い大きなタイヤを動かすと、なんと黄色いタイヤも連動して動くという予想外の結果になり、子供は大喜びでした。

ショベルの部分もちゃんとガシャコーンって感じでうまく動くように作ったので、しばらく遊んでくれていました。ちなみに、補助輪付きの自転車は2日目にして分解されていました。笑

子供のビルダーでの遊び方

ビルダーは対象年齢3歳からになっています。結構細かいパーツも多いので、小さいお子様がいる家庭では誤飲に要注意です!

ちなみにうちは2歳ちょいで、まだたまに誤飲しかけるので大人が一緒にいるときに遊ばせています。

そんな我が子の遊び方はこんな感じ↓です。

こんな感じで穴にさす、ハンマーでトンカチする、棒に輪っかを通してみるなどです。最近少し進化して、ペンチでピンを取る、も出来るようになりました。笑

あとは細かいパーツを収納から取り出してジャーっとバラバラにしてからまた仕分けてみたり、ダンプカーのおもちゃにパーツを載せて運んだり、自分でできる遊びを考えてやっている感じです。意外と楽しいようで、ビルダーで遊びたいから出してとせがんできたりします。笑

ビルダーアクティビティセットの収納方法!!

ビルダーのアクティビティセットは210ピースもあるので、どうやって収納しようかな~と思っていたのですが、ダイソーでめちゃくちゃ良いものを発見しました!!

ダイソーの「ストックBOX(大)」と「整理トレーL」、「PSクリアケース」でなんと整理できました!!

1番長い木のパーツも下の段に斜めに収納するときちんと入ります。

こうやって整理してからは、子供もきちんと仕分けて片づけをしてくれるので助かります。

まとめ

子供だけでなく大人の創作意欲も刺激してくるので、親子で楽しめる良いおもちゃだと思います。

ダイソーの収納BOXも活用すればお片付けがきちんとできるので、ぜひ活用してみてください^^