エゴと愛、そしてお人形劇をする自分。

こんにちは!しろくまです。

今回は、エゴと愛、そしてお人形劇をする自分について書いていきます。

ちなみにお人形劇は例えです。笑

人に何かしてあげなきゃいけないと思う気持ち、今日思ったのは旦那さんにお弁当を作らなきゃだけど作りたくないと思ったことなんですが笑、つまり自分のやりたくないことをしなければいけないときってどうしたらいいんだろうな~と考えていて、「やりたくなーいというのはエゴなのか、愛をもってして全てをやってあげることが愛?いや、やらない事も愛っていうこともあるよね。うーん。分かんないからハイヤーセルフに聞いてみよ!」ってな感じでハイヤーセルフに聞いたことを思うままに書いていきます。

ハイヤーセルフが語る「エゴ」とは?

ハイヤーセルフいわく、エゴも愛だよ。愛の一部。エゴがあるから、お人形遊びみたいなことをしているこの地球で人形を動かせる。エゴはしろくま(私のこと)という人形を動かす原動力のひとつになっている。」

このお人形劇、お人形遊びという表現は、私の中でとてもしっくりくるものでした。

宇宙的に目覚めるきっかけとなったakikoさんがYouTubeの動画で言っていたのは、この現実と思っている世界は映画などのストーリーであり、それは自分が創り出しているストーリーで、今はその世界に入り込んでいる状態で、その世界から一歩外れて映写機側に来てみるといいみたいなことを言っていました。違ってたらすみません。笑

なるほど~と思っていましたが、人形劇や操り人形の劇みたいなものの方がストンと落ちました。見たことあるからかな?笑

こんな感じ?わんこが地球上での私、操っている人がハイヤーセルフである私みたいな。

『しろくま(地球上での私)=人形』をハイヤーセルフなどが動かしているって感じですかね。

人形の原動力は愛であり、エゴも原動力の一部である。

確かにエゴがないと今までこうやって生きてこなかったか、とふと思いました。

中学生の頃、この先生きていても何かあるのか分からず、この生を投げ出してもいいのではないかと思っていた時期もありました。誰しも、生きる意味、なぜ自分は今ここにいるのかを考える時はあるのではないでしょうか?私は、生きていても死んでもどっちでもいいなら、生きて色んなことを体験することを選びました。

何かやりたいとおもうこと、食べたい、眠りたい、本を読みたい、お散歩したい、考えていたい、別にどうってことないと思えるようなことでも、この地球でしかできないことなのかと思うと、不思議ですよね、生きていて良かったなと思ったんですよね。今。まさに。書いてる最中に。笑

そもそもエゴの意味とは?

エゴっていうとイメージが悪いものとして、今まで認識してきましたが、改めてGoogle検索して調べてみると、

  1. 自己。自我。▷ ラテン ego (=私)
  2. 「エゴイスト」「エゴイズム」の略

※Oxford Languagesの定義

と出てきました。

え、自己とか自我で、ラテン語だと私、だと・・・?!えー知らんかった。笑

じゃあ自分って事じゃん笑。なんか今更すぎるでしょってあきれられてたらすみません。笑

エゴは私、自我、自己。

それを踏まえて、ハイヤーセルフの言葉を考えると、「エゴも愛、愛の一部」=「私、自我、自己も愛、愛の一部」ってことですよね。

愛とは宇宙?宇宙とは愛?

最近思うんですけど、愛って宇宙なんじゃないかと思うんですよね。『宇宙のすべて=愛』みたいな。

キリスト教の学校に通っていた私は、「愛」という言葉に触れることが多く、結局愛ってなんだろ、ってよく考えてました。これ答え出たんじゃない?笑

ちょっとワクワクしてきちゃった。笑

宇宙的に考えると、この考えるという行為自体もあまりないっぽいんですよね。

全部ではないにしろ、ほとんどすべてのことが理解できて、思ったことがすぐにできてしまったら多分つまらないのかもしれない。だからこそ地球に遊びに来たいのかもなぁ。こんなことを考えていること自体すらも、すべて遊びのうちなのだと考えると、まさに「神々の遊び(モンスターエンジンのネタより)」ですね笑。

意外とそうなのかもしれないなと何度か思ったことがあります。宇宙に興味がある人は、なんでこの宇宙ができたのか、どこまで続くのかとか考えたことあるんじゃないでしょうか?私は子供の頃、神様が暇だから宇宙という箱庭を作って遊んでるんじゃないかな~とか思ってたことがあります笑。

まぁ自分=エゴも宇宙の一部なのだ、ということでいいんじゃないかなと思う今日この頃です笑。

だから、エゴは捨てるものじゃなく、自分の原動力として大切なものなんじゃないでしょうか。だって自分なんですからね。笑

闇と光の統合とかあったりしますが、自分の自我を認めて生きること、そして高次元の自分と繋がって生きることが闇と光の統合だったりして。自我とハイヤーセルフの道筋のすり合わせというか。

さいごに

こうやってボーっとブログ書きながら考えごとするのも楽しいものですね。

答えのない問いほど楽しいものはないのかもしれないですね。ハイヤーセルフとかに聞いちゃってもいいんでしょうけど、せっかく地球に来たなら、こうして謎かけごっこしてたまには遊んでもいいのかな?と思ったり。笑

流れに身を任せて生きるのは楽しいこともあったけど、辛いこともたくさんあった。自分で創造する世界に生きるのもやっぱり楽しいですね。地球でも他の星にいても、楽しいことしようと思いました。

なんのこっちゃって感じですけど笑、結局は自分の好きなこと、楽しいことしようってところに辿り着いちゃうのかもですね。

旦那さんのお弁当なくても、別に死ぬわけでもなし、いい大人ですから、この時代すぐに食料調達できますしね笑。

やれることをお互いにやればいいんじゃんてことですかね。最近は結構ゆるく生きるのが楽です。