【薬剤師が解説!】H28年度 登録販売者試験 解説付き解答 問31~35【愛知・三重・静岡・石川・富山・岐阜共通】

こんにちは!しろくまです^^

登録販売者試験の解説を作ってみました。

随時、更新していきます。

 

主な医薬品とその作用

 

問31 浣腸薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。 

a 腹痛が著しい場合や便秘に伴って吐きけや嘔吐が現れた場合には、急性腹症(腸管の狭窄 、閉塞、腹腔内器官の炎症等)の可能性があり、浣腸薬の配合成分の刺激によってその症状を悪化させるおそれがある。 

b 肛門や直腸の粘膜に損傷があり出血しているときは、グリセリンが配合された浣腸薬を使用することが望ましい。 

c 炭酸水素ナトリウムを主薬とする坐剤では、まれに重篤な副作用としてショックを生じることがある。

d グリセリンは、直腸内で徐々に分解して炭酸ガスの微細な気泡を発生することで直腸を刺激する作用を期待して用いられる。 

  a b c d 
1 誤 正 正 誤 
2 正 誤 正 正 
3 誤 正 誤 正 
4 正 誤 正 誤 
5 正 正 誤 正

 

解答

4

 

~解説~
a 正
b 誤 グリセリン=排便を促す浣腸。肛門部が傷ついている人に浣腸は物理的に痛みを感じるはず。また、痔の人は柔らかくなり過ぎない程度に、便に水分を持たせる方が治療の妨げにならないのでグリセリンではなく塩類下剤の酸化マグネシムが適当。
c 正
d 誤 グリセリンではなく、炭酸水素ナトリウムを主薬とする坐剤の説明文。

 

問32 駆虫薬及びその配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

 

a 駆虫薬は腸管内に生息する虫体にのみ作用し、虫卵や腸管内以外に潜伏した幼虫(回虫の場合)には駆虫作用が及ばない。 

b 駆虫薬は、消化管内容物の消化・吸収に伴って駆虫成分の吸収が高まることから、食後に使用することとされているものが多い。 

c ピペラジンリン酸塩は、アドレナリン伝達を妨げて、回虫及び蟯虫の運動筋を麻痺させる作用を示し、虫体を便とともに排出させることを目的として用いられる。 

d パモ酸ピルビニウムは、水に溶けにくいため消化管からの吸収は少ないとされているが、ヒマシ油との併用は避ける必要がある。 

1(a、b) 2(b、c) 3(c、d) 4(a、d)

 

解答

4

 

~解説~

OTCではパモキサン錠が駆虫薬として該当する。

a 正 駆虫薬は腸管内部に作用する。卵の状態など殻で守られている場合は効果が及ばないので、日を開けて卵から孵った頃もう一度服用する必要がある。
b 誤 食後に服用すると、消化管内容物の消化・吸収に伴って駆虫成分の吸収が高まることから、空腹時に使用することとされているものが多い。
c 誤 ピペラジンリン酸塩は、アセチルコリン伝達を妨げて、回虫及び蟯虫の運動筋を麻痺させる作用を示し、虫体を便とともに排出させる。 
d 正 パモ酸ピルビニウムは油性の為、ヒマシ油と共に使用した場合吸収が高まり副作用のリスクが高くなる為、併用は避ける必要がある。

 

問33 強心薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。 

a 一般用医薬品では、センソの1日用量が5mg以下となるよう用法・用量が定められている。 

b センソが配合された丸薬、錠剤等の内服固形製剤は、口中で噛み砕くと舌等が麻痺することがあるため、噛まずに服用することとされている。 

c ロクジョウは、ウシ科のウシの胆嚢中に生じた結石を基原とする生薬で、強心作用のほか、 末梢血管の拡張による血圧降下、興奮を鎮める等の作用があるとされる。

d 強心薬は、疲労やストレス等による軽度の心臓の働きの乱れについて、心臓の働きを整えて、 動悸や息切れ等の症状の改善を目的とする医薬品である。 

    a b c d 
1 誤 正 正 誤 
2 正 正 誤 正 
3 正 誤 正 誤 
4 誤 正 誤 正 
5 正 誤 正 正

 

解答

2

 

~解説~

a 正 センソはヒキガエル科のシナヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めた生薬。微量で強い強心作用を示す。センソ=カエル=強心=5mg以下と覚える。
b 正 設問の通り。
c 誤 牛黄の説明文である。ロクジョウは鹿の角。
d 正 設問の通り。

 

問34 高コレステロール改善薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a ポリエンホスファチジルコリンは、コレステロールの生合成抑制を抑えることを主な目的として配合される。

b パンテチンは、高密度リポタンパク質(HDL)の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性を高めて、低密度リポタンパク質(LDL)産生を高める作用があるとされる。 

c ビタミンEは、血中コレステロール異常に伴う末梢血行障害(手足の冷え、痺れ)の緩和等を目的として用いられる。 

d 大豆油不鹸化物(ソイステロール)には、腸管におけるコレステロールの吸収を抑える働きがあるとされる。 

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正

 

解答

1

 

~解説~

HDLコレステロール(善玉)⇒全身に分布しているコレステロールを肝臓に回収する役割。 

LDLコレステロール(悪玉)⇒肝臓から全身にコレステロールを運搬する役割。つまり、LDLコレステロールが高ければ血液はドロドロ

a 誤 善玉といわれるHDLコレステロールを増やすことを目的として配合されている。
b 誤 説明がHDLとLDLが逆である。
c 正 ビタミンE:別名トコフェロール 抗酸化作用、血流改善作用がある。外用薬としては肌荒れに対して血流改善による治癒促進で配合されている。
d 正 設問の通り。

 

問35 貧血用薬及びその配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。 

a 鉄製剤を服用すると便が赤くなることがある。 

b マンガンは赤血球ができる過程で必要不可欠なビタミンB12の構成成分であり、骨髄での造血機能を高める目的で、硫酸マンガンが配合されている場合がある。 

c 鉄分の吸収は食後より空腹時のほうが高いとされているが、消化器系への副作用を軽減するには、食後に服用することが望ましい。 

d ビタミンCは、消化管内で鉄が吸収されやすい状態に保つことを目的として用いられる。 

1(a、b) 2(b、c) 3(c、d) 4(a、d)

 

解答

3

 

~解説~
a 誤 赤ではなく。鉄の色がそもそも黒いので吸収されなかった鉄が出てきたと考えればよい。
b 誤り。マンガンではなくてコバルト。ビタミンB12の構造式を見ると真ん中の中心にコバルトが含まれている。ビタミンB12=コバルト(Co)と覚える。
c 正 鉄の刺激で吐き気がする人もいる為、刺激を減らす為に食後の服用がよい。
d 正 鉄には2価鉄と3価鉄があり、2価鉄の方が吸収がよい。ビタミンCには強い還元作用があり、3価鉄を2価鉄に還元することができる為ビタミンCと一緒に摂取することが推奨されている。