【薬剤師が解説!】H28年度 登録販売者試験 解説付き解答 問41~45【愛知・三重・静岡・石川・富山・岐阜共通】

こんにちは!しろくまです^^

登録販売者試験の解説を作ってみました。

随時、更新していきます。

 

主な医薬品とその作用

 

問41 眼科用薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。 

a アレルギー用点眼薬は、花粉、ハウスダスト等による目のアレルギー症状(流涙、目の痒み、結膜充血等)の緩和が目的である。 

b スルファメトキサゾールは、細菌感染による結膜炎やものもらい、眼瞼炎などの化膿性の症状の改善を目的として用いられる。 

c リボフラビンの活性体であるフラビンアデニンジヌクレオチドは、ビタミンB2欠乏が関与する角膜炎に対して改善効果を期待して用いる。 

d テトラヒドロゾリン塩酸塩は、結膜を通っている血管を収縮させて目の充血を除去することを目的として配合されている場合がある。 

    a b c d 
1 正 正 正 誤 
2 正 正 誤 正 
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正 
5 正 正 正 正

 

解答

5

 

~解説~

a 正 設問の通り。
b 正 別名サルファ剤とも呼ばれる抗生剤。ST合剤として用いられることが多い。(ST合剤⇒スルファメトキサゾールとトリメトプリムを5対1で混ぜた抗生剤。)
c 正 リボフラビン=ビタミンB2
d 正 設問の通り。

 

 

問42 目の調節機能を改善する配合成分に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。 

自律神経系の伝達物質であるアセチルコリンは、水晶体の周りを囲んでいる毛様体に作用して、目の調節機能に関与している。目を酷使すると、アセチルコリンを分解する酵素(コリンエステラーゼ)の働きが( a )、目の調節機能が低下し、目の疲れやかすみといった症状を生じる。 

ネオスチグミンメチル硫酸塩は、コリンエステラーゼの働きを( b )作用を示し、毛様体におけるアセチルコリンの働きを( c )ことで、目の調節機能を改善する効果を目的として用いられる。 

a b c
1 衰え 助ける 抑える
2 衰え 抑える 助ける
3 衰え 助ける 助ける
4 活発になり 助ける 抑える 
5 活発になり 抑える 助ける

 

解答

5

 

~解説~

アセチルコリン⇒体を休ませる、リラックスさせる物質

コリンエステラーゼ⇒アセチルコリンを分解する物質 

この二つを抑えておけば、前後の文から適切な解答を得ることができる。設問は休ませたい方向に進めたいことから適切な流れを作っていく。

 

問43 頭皮・毛根に作用する配合成分に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

 

1 脱毛は男性ホルモンの働きが過剰であることも一因とされているため、女性ホルモン成分が配合されている場合がある。

2 毛髪用薬は、脱毛の防止、育毛、ふけや痒みを抑えること等を目的として、頭皮に適用する医薬品である。 

3 カルプロニウム塩化物は、末梢組織(適用局所)においてアセチルコリンに類似した作用(コリン作用)を示し、頭皮の血管を拡張、毛根への血行を促すことによる発毛効果を期待して用いられる。 

4 カシュウは、タイワンヒノキ、ヒバ等から得られた精油成分で、抗菌、血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。

 

解答

4

 

~解説~
1 正 
2 正 
3 正 
4 誤 文章はヒノキチオールについての説明。カシュウ(何首鳥)はツルドクダミの塊根由来の生薬、皮膚の脂質量を下げて抜け毛を防止。OTCではカロヤンに含有。

 

問44 次の皮膚に用いられる医薬品成分のうち、抗菌作用を目的として配合される成分はどれか。 

1 ジフェンヒドラミン 
2 クロラムフェニコール 
3 ジフェニルイミダゾール 
4 クロルフェニラミンマレイン酸塩
5 イソチペンジル塩酸塩

 

解答

2

 

~解説~
ジフェンヒドラミン ⇒ 抗ヒスタミン

クロラムフェニコール ⇒ 抗菌薬

ジフェニルイミダゾール ⇒ 抗ヒスタミン

クロルフェニラミンマレイン酸塩 ⇒ 抗ヒスタミン

イソチペンジル塩酸塩 ⇒ 抗ヒスタミン

 

問45 外皮用薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a デキサメタゾンは、ステロイド性抗炎症成分であり、痒みや発赤などの皮膚症状を抑えることを目的として用いられる。 

b ブテナフィン塩酸塩は、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げることにより、その増殖を抑える。 

c ヨードチンキに含まれるヨウ素の殺菌力は、アルカリ性になると増強する。 

d ヘパリン類似物質は、血液凝固作用を有している。

  a b c d 
1 誤 誤 正 正 
2 正 誤 誤 正 
3 正 正 誤 誤 
4 正 正 正 誤 
5 誤 正 正 正

 

解答

3

 

~解説~

a 正 デキサメタゾンはミディアムクラスのステロイド性抗炎症成分
b 正 ブテナフィンは水虫の薬。作用機序は記述の通り。OTC製品ではブテナロック
c 誤 ヨウ素はアルカリ性になると殺菌効果が低下する。その為、アルカリ性である石鹸はよく洗い流してから使用する。
d 誤 ヘパリン類似物質は血液凝固作用がある。血液をサラサラにして血流改善。保湿剤として優秀な成分。抗凝固作用があるので出血部分への使用は禁止。