【妊娠生活】妊婦健診の腹部エコー検査で口唇口蓋裂疑いと言われたときのこと

2018年2月15日

こんにちは!しろくまです。

今回は妊婦検診の腹部エコーで初めて口唇口蓋裂の疑いがあると言われた時のことを少しまとめてみました。

 

 いつ言われたか&どうやって分かったか

私の場合は3回目の妊婦健診で先生に言われました。言われた時は妊娠20週2日目だったので、結構早めに分かったのかなと思います。

腹部エコー検査が終わった後に、先生からエコー写真を見せてもらって口唇口蓋裂の疑いがあることの説明を受けました。テレビかなにかで口唇口蓋裂についてやっていたのを見たことがあったんだったか、「口唇口蓋裂」という言葉は聞いたことがあったので、先生から口唇口蓋裂の疑いがあると言われた時に私はそこまで動揺しませんでした。このとき初めて旦那さんも一緒に妊婦健診に来てたのですが、私よりも動揺していました。笑

自分以外の人が動揺していると、逆に自分自身は冷静になるというのもあったのかもしれませんね!

そのとき思ったのは、この産院で産めるのだろうか、赤ちゃんはどういう状況なんだろうかということなどでした。

 

 

どんな説明を受けたか

その時は先生から「口唇口蓋裂の疑いがあります」ということと「唇の上の部分に黒い線があってここが割れているように見える」こと、「今は手術できれいに治る」ということを説明され、「大学病院でスクリーニングエコーをして詳しく調べてみますか?それともまだ週数も早いのでもう少し様子を見てみますか?」と聞かれました。

そこの産院では胎児スクリーニングエコーはやっていなかったので、大学病院宛に紹介状を書いてもらって詳細を見るために大学病院で胎児スクリーニングエコーをするか、そこの産院の妊婦健診で通常の腹部エコー検査でもう少し様子を見ていくかどうするかという感じでした。

私は早めに分かった方が色々対応できるかもと思ったので、紹介状を書いてもらって胎児スクリーニングエコーをして詳細を見てもらうことにしました。

 

※胎児スクリーニングエコーを受けた時のことはこちらの記事をご覧ください。羊水検査についても少し触れています。

[blogcard url="https://kumasan-kenkou.com/koushinkougairetsu-sukuriningu-eko"][/blogcard]

 

 

画像検索やインターネットの検索は少し注意が必要かも

初めて先生から口唇口蓋裂の疑いがあると言われた後、お会計待ちをしている間に口唇口蓋裂について携帯で調べたのですが、見た目が痛々しい画像なども結構あったのでナーバスになっていたり一人の時などに調べるのは不安を煽るだけかもしれないです。

妊娠しているだけでもホルモンバランスの関係などから心が不安定になりやすいのに、口唇口蓋裂の疑いがあると言われた後はやっぱり動揺したり不安や心配な気持ちも出てくる中で見ると、やっぱり痛々しく思えて不安な気持ちが大きくなった気がします。口唇口蓋裂についてまだ詳細を説明されてない方や不安感が強い方などはちょっと控えた方がいいかもしれないですね。

 

インターネットで調べていくと私の子はどうなんだろうとかどういう状態なのかなとか他の合併症とかは大丈夫なのかなとか心配なことがどんどん出てきてナーバスになっていくことが多かったのですが、病院で説明を受けたり不安なことや疑問点はどんどん質問して解決していく中で、不安な気持ちや心配事も小さくなって考えも前向きになったと思います。

口唇口蓋裂の場合、病院ごとで手術の時期や手術方法が結構違うことも多いようです。自分が出産する病院で口唇口蓋裂の手術の流れや出産後の流れなども説明されたときに、大まかな流れを知ることで心の準備もできたかなと思います。

インターネットで調べてよかったことは、口唇口蓋裂について知ることで自分の子供の場合はどうなんだろうと質問したいことが見つかったことと、口唇口蓋裂のお子さんを持つ方のブログは治療までの流れや注意した方がいいことなども分かるし心の支えになったことです。探してみると結構あったので探してみてみるといいかもです^^

 

 

まとめ

日本では500人に1人くらいの確率で口唇口蓋裂の赤ちゃんが生まれるそうです。結構な確率ですよね!周りに聞いてみると実は自分の子供が口唇口蓋裂だった、自分は口唇口蓋裂だったという方が結構いらっしゃったりもしました。

口唇口蓋裂疑いと言われた当初やここまでくる間は不安や心配事でいっぱいでしたが、臨月の今は前向きな気持ちで生まれてくる子供のサポートを頑張ろうと思っています!

この記事を見ている方はもしかしたら不安な気持ちでいっぱいな状態かもしれませんが、不安なことや心配なことは産科の先生や助産師さん、形成外科の先生によく相談することで解決することが多いと思います。私は先生方や助産師さんに相談することで大分前向きになることができました。まだ産まれていないのでどれくらいの口唇裂なのか口蓋裂があるのかどうかはまだ分からない状態のため、どれくらいの症状なのかなという不安や出産後にミルクが飲める状態なのかなどの不安はありますが、今のところは出産の痛みに耐えられるかな!!とか破水や陣痛の不安だったりの方が大きいです。笑

また口唇口蓋裂についての記事をあげていこうと思います。何かの参考になれば幸いです。

 

※胎児スクリーニングエコーを受けた時のことを記事にしました。こちらからご覧ください。羊水検査についても少し触れています。

[blogcard url="https://kumasan-kenkou.com/koushinkougairetsu-sukuriningu-eko"][/blogcard]