【薬剤師が解説!】尿酸値が気になる方へ!高プリン体食品にはどんなものがある?

2016年4月28日

こんにちは!薬剤師のしろくまです。

尿酸値が高くなってくると気を付けたいのがプリン体です。

ビールなどでよく話題になるプリン体ですが、ビール以外にどんな食品にプリン体が多く含まれているのかチェックしていきましょう!!

 

そもそもプリン体ってなに?

そもそもプリン体とは何なのでしょうか?

プリン骨格を持つ化合物を総称してプリン体といいます。 プリン塩基(アデニン,グアニン,キサンチン,ヒポキサンチン)に加え,これらを構成成分として含むイノシン酸等のヌクレオチドやアデノシン等のヌクレオシドを含めて「プリン体」と呼ばれています。

引用元:http://www.jfrl.or.jp/item/nutrition/post.html

 

そしてこれ↓がプリン骨格です。

%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e9%aa%a8%e6%a0%bc

 

核酸(DNA、RNA)やうま味成分であるイノシン酸、グアニル酸などはこのプリン骨格を持っており、プリン体と呼ばれます。

 

 

どんな食べ物に多く含まれているの?

プリン体は核酸やうま味成分に含まれています。

プリン体が多い食品には魚卵やレバー、鰹節、煮干し、干しシイタケなどが挙げられます。

 

魚卵といえば、たらこなどがありますが、写真のように粒がたくさんありますよね?この粒一つ一つがひとつの細胞です。

鶏卵は1個でひとつの細胞。

つまり、プリン体の量は、たらこ1粒≒鶏卵1個なのです。なんだか不思議ですね。

 

細胞数が多い=摂取する核酸の量が多くなる、ということになります。

この法則を覚えておくと少し分かりやすいかもしれませんね。

また、細胞分裂が盛んな組織でも同じように核酸が多いため、プリン体も高くなるのです。

 

煮干しや干しシイタケなどは、乾燥することで細胞の膜が壊れ、水で戻したときにうま味成分(=プリン体)が水に溶け出しやすくなるのです。

つまり、うま味が溶け出た出汁=プリン体が多いと考えられます。

なので、ラーメンや出汁をとったスープなども注意が必要です。

 

 

尿酸値が高い方はぜひ気を付けてみましょう!

痛風は贅沢病と言われることもありますが、どんなものに多く含まれているか見てみると、なんだかそう言われるのもわかる気がしますね!

高尿酸血症といわれたら、高プリン体食品には気を付けていきましょう。