立体マスク(ひもは長さ調節可能)を手縫いで作ってみた!!作り方まとめ!!

2020年4月22日

こんにちは!しろくまです。

新型コロナの収束がなかなか見えてこないのに、家のマスク在庫が底をつきそう!!ってことで、実家に布おむつ用のさらし(もちろん未使用新品!笑)が眠っていたので、さらしで立体マスクを手縫いで作ってみました!

ということで、今回は手縫いで立体マスク作りに挑戦です!

手縫いで立体マスク作り!!

準備するもの

準備するものは、チャコペン(なければボールペンでも何でもおっけー!)、ハサミ、アイロン、マスクのひも、糸と針、そして布!

ちなみにマスクのひもは、百均の手芸コーナーに売っていた中が空洞になっている太めのひもです。太い方が耳も痛くないかなと思い使ってみました。実際につけてみても、耳が痛くならなかったのでオススメですが、おうちにある色々なひもで試してみてください!

型取り

型はティッシュの箱やケーキの箱などなど、家にある厚紙で作れます。

上の写真の青の長さが16cm、緑が3cm、赤が11cmです。ホタテ貝型に厚紙を切ればオッケーです。

布を2枚重ねにして型を書いて裁断します。

ホタテ貝型に布を裁断すると裏と表✕2で、合計4枚分切る必要があります。
こんな感じのキャンディ型に切ると縫うところがすこし少なくて楽です!裏と表の2枚あれば作れます。

キャンディ型に切るには、ホタテ貝型の型紙を使って左にカーブがくるように型どって書いたら、そのままパタンとひっくり返して右側に型どって書けばオッケーです。

縫っていくよ〜!

まずはカーブになっている部分を縫い代1cmくらいあけて縫っていきます。布がズレないようにまち針してもいいですが、布の端っこを合わせながら縫っていけばズレないしまち針も指に刺さらないので楽です。(←まち針が指に刺さらない方法を知らない奴)

キャンディ型の場合は左右のカーブを縫います!
ホタテ貝型の場合は2枚重ねにしてカーブを縫う✕2個分です。

カーブの部分を縫ったら、縫い代部分をハサミで3-4箇所くらいに切れ目を入れていきます。縫った部分の3mm程度離して切ってください。切れ目を入れた部分をアイロンで割り開いておきます。

両端を縫っていくよ〜!

ホタテ貝型は両端を縫っていくよ!

上の画像のように布を重ね合わせたら、赤矢印の両端部分を縫っていきます。

キャンディ型で作った場合は、上の画像のような形になるように、カーブ部分を真ん中にもってきたら次のステップへGO!

上下を縫っていくよ〜!

↑こんな感じで、ひもを通す赤矢印の部分だけあけて上下を縫っていきます。裏表ひっくり返すので、画像右下部分だけ返し口分5センチ程度あけて縫っています。

キャンディ型だとこんな感じです。返し口は左上についてます。

今回マスク作りで使用するひもは太めだったので1cmほど開けて縫っていますが、使用するマスク用のゴムひもだったり細い場合は、ひもの太さに合わせて幅を決めてください。

ここでひと手間!

マスクの裏表がずれないように、カーブの部分の真ん中あたりを少し縫います。やらなくても別に問題ないですが、マスクしてるときにボワボワしても嫌なので縫ってみました。

ひっくりかえして、マスクひもを通していくよ!

返し口から裏表ひっくり返していきます。端っこの角がピンとなるように、ペンかなにかで返し口からツンツンすると綺麗にできます。

ひも通しがあればひも通しを使用して、なければ安全ピンなどでも通せます。今回マスクひもは35cmくらいで作ってみました。ゴムではなく普通のひもなので35cmですが、マスク用のゴムとかだと伸びるのでもう少し短くても大丈夫と思います。耳にかけてみて長さ調節してみてください。

マスクひもの結び方は下の写真をみてやってみてください。ひもの長さ調節が可能な結び方です。

↑の写真だと左側のひもを引っ張ると長さ調節できます。

完成!!

こんな感じで仕上がります!ちゃんと立体的になっています。やった〜

まとめ

キャンディ型とホタテ貝型の両方作ってみましたが、縫う部分がすこし少ない分、キャンディ型が楽だったかなと思います。

しかし、使用する布の大きさや布が変に余らないように作るにはホタテ貝型に軍配が上がる気がします。

好きな布、好きなひもで作ってみてください!