【格安スマホ】SIM・SIMカードとは何なのか? ~カードサイズと大手3社での名称~

2017年2月28日

『SIM・SIMカード』ってよく聞くけど一体何なのかよくわからない!という方のために、今回はSIMとはなんなのか、SIMのサイズ、各キャリアでの呼び方についてまとめてみました!!

SIMフリースマホにしたりするときには今回まとめたSIMカードについての情報が役に立つと思います^^

 

SIMとはそもそも何なのか?

そもそもSIM(シム)とは一体何なのかというと、Subscriber Identity Module(加入者識別規格)の略で、通話やインターネットを行うのに必要なICカードのことです。SIMカードやSIMと言われます。

SIMカードを携帯電話端末に挿しておくことで通話やインターネットに接続することができるのです。

ただし、Wi-Fi環境下であればSIMカードを挿していなくてもインターネットには繋がります。

 

 

SIMカードの種類

SIMカードにはサイズが3種類あり、SIMカードのサイズは携帯電話端末の種類によって異なります。

一番小さいものがnanoSIM(ナノシム)、次に大きいサイズがmicroSIM(マイクロシム)、一番大きなサイズが標準SIMといいます。

画像には標準SIMがないのですが、画像の真ん中と右のものがSIMカードです。

nanoSIM

nanoSIMのサイズは12.3㎜×8.8㎜です。現在の主流はこのnanoSIMです。アダプターを使えばmicroSIMや標準SIMにもなれるので、基本的にはnanoSIMにすることをお勧めします。

 

microSIM

microSIMのサイズは15㎜×12㎜です。2年ほど前に主流だったSIMのサイズです。まだこのmicroSIMのスマホもありますがSIMフリーのスマホはnanoSIMが主流となっています。

仮にmicroSIMのスマホを使用したり購入する場合でもnanoSIMを選択しておくことをお勧めします。アダプタを使用すればnanoSIMでも問題なく使用できます^^

SIMカードのサイズ変更は携帯会社でできますがSIMのサイズ変更は手数料として2,3千円ほど取られたりします。

 

標準SIM

標準SIMのサイズは25㎜×15㎜です。こちらのSIMは昔よく使われていたもので、現在はほとんど使われていません。

 

 

キャリアごとの呼び方

『キャリア』とはドコモ、au、ソフトバンクの3社のことをいいます。

この3社では独自の言い方をしているので、「SIMカードってどれ?」とか「自分のSIMカードのサイズってどれ?」などややこしく感じたりします。

 

ドコモ(docomo)

標準SIMカードがドコモUIMカード、microSIMカードがドコモminiUIMカード、nanoSIMカードがドコモnanoUIMカードという名前になっています。

 

au

標準SIMカードがau ICカード、microSIMカードがau Micro ICカード、nanoSIMカードがau Nano ICカードという名前です。

 

ソフトバンク(SoftBank)

標準SIMカードがUSIMカード、microSIMカードがmicro USIMカード、nanoSIMカードがnano USIMカードという名前です。

 

 

まとめ

SIMフリースマホにするときにSIMのサイズを自分で選ばなければならなかったりするので、ぜひ基礎知識として覚えておくことをお勧めします^^

キャリアによってSIMカードの呼び方が異なるので、SIMフリースマホにするときにちょっと戸惑うことが結構あったりします。今回のまとめがご参考になれば幸いです。

[blogcard url="http://kumasan-kenkou.com/sim-free-nedan-hikaku"][/blogcard]