乳頭温泉郷 鶴の湯温泉 別館 山の宿ってどんなところ?宿泊まとめ!!

2017年1月26日

冬にふと思い出すのは、秋田県にある乳頭温泉郷、鶴の湯温泉の別館『山の宿』です。

雪見温泉って最高ですよね~^^

2014年の3月上旬に『山の宿』に宿泊してきたので、今回思い出しがてらまとめてみました!

 

どこにある??

秋田で有名な湖である田沢湖のやや北東に乳頭温泉郷があり、乳頭温泉郷の『鶴の湯』の別館として『山の宿』があります。

 

山の宿の住所は、秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢湯の岱1-1です。

大きな通りから細い道へ進むのですが、車一台通れる程度の雪の壁に囲まれたまっ白な細い道をひたすら進むと山の宿にたどり着きます。

ちなみに、ピンクのぐにゃぐにゃした線は山の宿から鶴の湯へ続く道をなぞったものです。

雪の壁によって細くなった道は、もちろん一方通行ではありません!

対面通行なのです!

しかし何カ所か道幅が少し広くなる場所があるのでなんとかなりました^^

初めて通ったので、本当にこの道なのか・・・果たしてあとどれくらいで着くのか・・・とやや心配になったりしましたが大丈夫です!!ちゃんとお宿はありました!!笑

 

 

 山の宿に到着!

雪道を進むとようやく山の宿へ到着です!!

外観はこんな感じです^^

雪と相まって味があります!!わくわくします^^

宿の前にはかまくらができていました。

ちなみに、かまくらには入れました。笑

かわいい子供が雪遊びをしていました^^

 

宿の中に入ってみるとこんな感じでした。

これまた味があってイイですね!!!

 

 

温泉はどんな感じ?

部屋にはシャワーとバスタブのついたお風呂もついていますが、温泉は別に3つあります。

他に人が入っていなければ、申告なしで中から鍵をかければ貸し切りにできます。

 

露天風呂への扉をあけると脱衣場があり、更に奥の扉をあけると露天風呂があります。

温泉は天然湧出100%掛け流しです!最高!!

温泉は白濁していて湯の花が浮いています。二人で入っても十分な広さです!

とーーーーっても気持ちよかったです^^

 

鶴の湯にも無料で入れます!

お隣の本館「鶴の湯」にも無料で入れます。

ただし、シャワーなどはない外の温泉にしか入れないので、山の宿でシャワーを浴びてから行きましょう!

 

自分の車で行ってもいいですし、山の宿から送迎バスを出してくれていますので、それで移動してもOKです!

また、チェックアウトは11時なので鶴の湯へ朝風呂に行ってもいいですね!

 

鶴の湯はいくつか温泉がありますが、すべての温泉が繋がっているわけではないです。

お湯巡りをしようとすると、外に出て少し歩いて脱衣場で脱いで温泉に入って、、、という感じなのでさっと脱げる格好で行くことをおすすめします。

しかし冬場は超絶寒いので湯冷め&風邪にはご注意を!!

 

ちょろちょろ水を出しているのに、瓶の栓は凍ったままで溶けていません、、、

どれだけ寒いのだ!!!笑

 

夜にお邪魔すると、鶴の湯本館の本陣前にある小さなかまくら(雪灯篭?)に灯がともっていて、とても幻想的でした^^

 

 

ごはんはどんな感じ?

夕飯も最高でした!^^

今まであちこちの宿に泊まりましたが、おいしさは1、2を争うくらいでしたね!

温泉もよくてごはんもおいしい、ってなかなかないんですよね^^

 

さて、囲炉裏を囲みながらの夕飯です。

この網の上でお肉やお野菜を焼きます^^

 

特においしかったのは、マスのお刺身と山の芋鍋ですね!

山の芋鍋は楽しみ過ぎてガツガツ食べてしまい、写真を撮るのを忘れてしまいました!すみません!

 

全部食べたらもうお腹いっぱいすぎて苦しかったです笑

 

 

 さいごに

山の宿はかなりオススメです!!

鶴の湯はなかなか予約が取れないのでそんなときはこちらに是非泊まってみてください^^

そうでなくても、こちらの山の宿に泊まる価値は大いにあります!

また今年の冬も行く予定です^^

[blogcard url="http://kumasan-kenkou.com/yuimakura"][/blogcard]